メインイメージ

Saw palmetto Comparison Web

ノコギリヤシと男性ホルモン

ノコギリヤシは今とても話題の成分で、ネットで調べてもたくさんの情報を見つけることができます。
まず驚くべきことはノコギリヤシの効果です。
ノコギリヤシは男性ホルモンを抑制する効果があります。
抑制、と聞くとあまりいいイメージが湧かないかもしれませんが、男性ホルモンは時に身体に大きな負担を与えるのです。
男性ホルモンの中でも、ジヒドロテストステロンは男性の髪の毛に大きな負担を与えます。
ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることで、円形脱毛症はもちろんのこと、男性特有の抜け毛や薄毛に発展してしまうのです。
さらにこの男性ホルモンは、前立腺肥大にも大きな影響を与えるとされています。
前立腺は膀胱に非常に近い場所にあるので、肥大していくとどんどん頻尿や尿漏れの症状が加速してしまうのです。

そこで、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制し、正しいホルモンバランスへと誘導する必要があります。
それが出来るのが、ノコギリヤシなのです。
男性ホルモンが引き起こす様々なトラブルに対応できるので、今後ますますその重要性は増していくと思われます。
日本では残念ながら医薬品としては未認可ですが、すでに大手製薬メーカーがサプリメント市場に参入しているので、効果の高いサプリメントを愛用することが可能です。
では、男性ホルモンに作用することでの注意点はあるのでしょうか。

特に注意すべきは妊娠中の摂取です。
妊娠中はホルモンバランスが激しく変動していますし、まだまだ未発達の胎児が体内にいます。
ホルモンバランスが急激に外部からの成分の摂取で変動してしまうと、胎児の成長に多大な影響を与えかねません。
そのため、女性でノコギリヤシに関心がある方でも、お腹に赤ちゃんがいる場合は摂取がタブーですので十分に気を付けましょう。
同様に、成長期の子どももホルモンバランスが変動しています。
10代の子どもは摂取を見合わせておきましょう。
摂取が望ましいのは成人男性と言っても過言ではないのです。