メインイメージ

Saw palmetto Comparison Web

女性ホルモンバランスへの影響について

ノコギリヤシは男性向けの製品が非常に充実しています。
これには深い理由があります。
それは、ノコギリヤシの効果は男性ホルモンに作用する効果だからです。
特に効果を示すのは男性ホルモン由来の抜け毛や薄毛です。
男性は男性ホルモンがあることでひげ等の体毛が濃くなり、肉体が男性的でたくましくなります。
しかし、男性ホルモンが過剰に分泌されることで、ヘアサイクルに乱れが生じてしまい抜け毛が進行してしまうのです。
皮脂や汚れなどが複合的に重なることで新しい毛が毛穴から顔を出せなくなり、結果的に「禿げている」状態が深刻化します。
現在このような男性ホルモン由来の抜け毛に対しては、皮膚科などの専門医療機関でAGA対策が行われており、医療機関での専門的な治療も行われています。
ノコギリヤシはこのような医療機関で使用されている薬ではないのですが、男性ホルモンへの作用効果があることは医療機関にて臨床済で、前立腺肥大の専門薬としては既に諸外国で活躍しています。

このように男性向けの製品になる背景には男性向けの効果が充実しているからなのです。
では、女性が使用するとどうなるのでしょうか。
女性は使い方によっては脱毛効果が期待でき、夏に油断しがちなわき毛やすね毛を薄くする効果を期待できます。
しかし、男性ホルモンも一定量は体内に必要な成分なので、過剰に抑制してしまう事は体調の異変につながりかねません。
また、妊娠中の服用は胎児のホルモンバランスにまで影響を与えかねないとされています。
女性は男性ホルモン量が少ないうえ、毎月月経時にホルモンバランスが大きく変動しているので摂取には男性以上に注意が必要なのです。
もちろん、婦人科系の医療機関などの専門医に相談の上の服用なら問題がないので、不安なら事前に相談しておくと良いでしょう。
また、現在妊娠中ではなくても近い将来に妊娠を考えている場合もホルモンバランスが乱れる可能性があるので摂取は控えましょう。