メインイメージ

Saw palmetto Comparison Web

ノコギリヤシのホルモンへの作用

ノコギリヤシは非常に画期的な植物としてのイメージがありますが、北米では昔から薬として愛用されてきた歴史があります。
日本では自生をしないヤシ科の植物のため、日本で現在販売されている製品の原料は輸入に頼っているものです。
大きいものですと人を悠々と超えていく大きさに成長してしまうほど大きなヤシですが、丹念に成分を抽出すると人に役立つ成分に変化します。
では一体どのような成分が含まれているのでしょうか。

ノコギリヤシに含まれる成分は「脂溶性成分」というジャンルに属します。
遊離脂肪酸や、健康成分としても人気があるステロール類などがあります。
こうした成分を人が摂取することで、ある作用が起こります。
それは「ホルモンへの作用」です。
特に男性ホルモンに作用するので、歳を重ねると特に乱れやすくなる男性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。
特に重要なことは、男性ホルモンの抑制です。
本来男性にとって男性ホルモンの分泌は生殖にも関わることなので失ってはいけないものです。
しかしあまりに過剰に分泌されることで、抜け毛や薄毛、前立腺の肥大などを招いてしまいます。

男性にとってなくてはならない「テストステロン」ですが、酵素である「5αリダクターゼ」と結合すると、化学反応で「ジビドロテストステロン」に変質します。
このジヒドロテストステロンが曲者なのです。
この成分は性欲の抑制などにもつながりますし、ヘアサイクルの乱れにもつながります。
本来男性らしさを支えるはずの成分が、男性の健康を蝕んでしまうのです。

こうした厄介な男性ホルモンの変化をノコギリヤシが優しく抑制することで、本来の会長な男性ホルモンバランスへと導くことが可能です。
何だか最近自信がない、抜け毛の量が増えた気がする、などの違和感があれば速やかにサプリメントの愛用をスタートさせましょう。
早い段階でのケアが効果を高めるポイントです。
早いケアを行えばコストもかからずに健康になれます